TOPスポンサー広告 ≫ 子育ては親育てTOP未分類 ≫ 子育ては親育て

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comments (-)Trackbacks (-) | スポンサー広告

子育ては親育て

   
   先日、扁桃腺が腫れ、熱を出し学校をお休みした娘。
   
   昨日から登校しましたが、かなり辛そうな咳ををゴホゴホ。。。
   
   今まで大した病気もせず元気いっぱいの子だったので
  
   本人も体力的なことはもちろん、精神的にも弱くなっていて
  
   甘えん坊に~

   「ご飯、たべれな~い 
      学校行けないかも~
         あれやって、これやって。。。」

   
   
   
   ひとりっこ。ということもあって
   
   きっと、うちは普段から甘いかな。

   でもこんな時こそ、甘えさせてもいいのか。。とも思うけど

   平熱に戻って2日も経つし、薬も飲んで回復に向かってるんだし~
   
   咳だけで休ませるなんて!
   
   と思ってマスクさせ登校したわけです。。。

   ところが、学校の先生。。。

   連絡帳に「○○さん、全快ではなくかなり辛そうでした」と。

   これはどういう意味?

   学校にはまだ登校させない方がよかった。ってこと?
   (インフルエンザ流行のため、神経質になってるのかも)
   私の考え過ぎかもしれませんが。

   けど、本人はやっぱり学校が楽しいようで

   「元気にナッチャッタ(^^)♪」なんて~
   (本当はまだゴホゴホ。。)

   娘の笑顔でもやもやしていたものが一気にとれました。

   

   どこかで聞いたようですが
   「親の辛抱が子供の力を育てる」ってこのこと?
   これでよかった。。。と思える一日でした。

   

    
   

   
  

スポンサーサイト

Comment













非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。